Accommodation agreement  clause, rule 宿泊約款・規則

宿泊約款・規則 Accommodation agreement  clause, rule

当ホテルの公共性と安全性を確保する為、ご利用のお客様には宿泊約款第10条に基づき下記の規則をお守りくださるようお願い致します。

To secure publicity and the safety of our hotel To a visitor of the use based on accomodation clause Article 10 Please look after the following rule 


利用規則 Use rule

1.お客様に快適にご利用いただくため、12歳以下のお客様のご利用をご遠慮いただいております。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

I have you refrain from the use of the visitor 12 years or younger

2.指定以外での喫煙はなさらないこと。 

 カプセルベッド内での喫煙は固くお断りしております。

I do not do the smoking except the designation place

I decline the smoking in the capsule bed firmly

3.廊下及び宿泊施設内に次のようなものを持ち込まぬこと。

Not bringing the following thing into a corridor and the accommodations

(イ)動物、鳥類 Animal, birds ち not being crowded

(ロ)悪臭を発するものI give off a bad smell

(ハ)発火あるいは引火しやすい危険物 Ignition or flammable dangerous materials

(ニ) 鉄砲、刀剣類 Gun, swords

4.賭博及び風紀を乱し、他人に迷惑をかけるような行為をしないこと。

Disturb gambling and public morals and do not do an act troubling another person

5.飲食物の持ち込み、無断撮影他、宿泊施設を宿泊以外の目的に使用しないこと。

Do not use a carry-on of food and drink, the photography, etc., accommodations without permission for a purpose except the staying

6.外来者を宿泊施設内に招き入れ、宿泊施設内の諸設備、諸物品などを使用させないこと。

Do not invite a stranger in the accommodations and do not let them use

7.宿泊施設内の諸設備、諸物品を他の場所へ移動したり、あるいは加工したりして現状を変更しないこと。

Don't move the facilities in the accommodations, articles to other places and  process it and do not change it



8.廊下やロビー等に所持品を放置しないこと。

Do not leave personal effects in a corridor or the lobby

9.会計は前金でお願いいたしておりますが、ご出発の際、またはフロントより 「ご利用になった付帯施設利用料金」あるいは「延長料金」の提示がございましたら、その都度お支払いください。

Accounts are deposit and ask, but please pay it when there are in the case of departure or the incidental facilities charge that you used from the front desk, the presentation of the extension rate

10.ご滞在中の現金、【貴重品の管理】はお客様の自己管理となっております。

 貴重品の紛失、盗難については一切責任を負いかねますので、ご了承ください。

Cash staying, the management of valuables become the self-administration of the visitor. Cannot take responsibility about the loss or theft of valuables at all; thank you for your understanding

11.お預かり物やお忘れ物の保管は、ご出発後1カ月とさせていただきます。

The storage of a custody thing and the thing left behind should be one month after departure

12.暴力団及び暴力団員並びに公共の秩序に反するおそれのある場合 について。

About the case that might be against a gang and a gangster and public order

 1.「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律Law about the prevention of the unfair act by the gangster

(平成4年3月1日施行The March 1, 1992 enforcement)による 指定暴力団及び指定暴力団員等の当ホテルの利用はご遠慮いただきます。Please refrain from the use of our hotels such as a designated gang and the designated gangster(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします。When the fact becomes clear during after a reservation or the use,  decline the use at that point)


2.反社会団体及び反社会団体員Member of anti-society group and anti-society group(暴力団及び過激行動団体など並びにその構成員Including a gang and the radical action group and the member)の当ホテル利用はご遠慮いただきます。Please refrain from this hotel use(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします。When the fact becomes clear during after a reservation or the use, decline the use at that point) 


3.暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求及びこれに類する行為が 認められる場合、

直ちに当ホテルの利用はご遠慮いただきます。When violence, a threat, blackmail, a coercive injustice demand and an act to be similar to this are accepted, please refrain from the use of our hotel promptly 又、かつて、同様な行為をされた方についてもご遠慮いただきます。In addition, please decline about the one where was ever made a similar act

4.当ホテルを利用する方が心身耗弱、薬品、飲酒による自己喪失 など、ご自身の安全確保が困難であり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼす恐れがあると認められるときは、直ちにご利用をお断りいたします。When a medicine, ensuring safety of oneself including the missing self by the drinking are difficult, and it is admitted that might give danger and a sense of fear, jitters to other 

5.館内及び客室内で大声、放歌及び喧騒な行為その他で他者に嫌悪感を与えたり、迷惑を 及ぼしたり、又、賭博や公序良俗に反する行為のあった場合には、直ちにご利用をお断り致します。Of the act to give others loathsomeness in act and others that is a loud voice, a singing voice and the noise in in the hall and a guest room, and to give a nuisance, and, also, to be against gambling and public order and morals when there is it, decline the use promptly


その他上記各事項に類する行為のあるときは、ご利用をお断りいたします。

When there is the act to be similar to each other matters mentioned above, decline the use

宿泊約款 Accomodation clause


(本約款の適用範囲)Coverage of this article

第1条  Article 1

当ホテルが宿泊者との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。

The staying contract that our hotel concludes between a hotel guest and the contract in conjunction with this shall depend on the place to establish of this article and, about the matter which is not established in this article, shall depend on laws and ordinances or the custom that generally was established



当ホテルが、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

When accepted a special contract as far as our hotel is not against laws and ordinances and custom, regardless of the rule of the foregoing paragraph, the special contract shall take first priority


(宿泊引受の拒絶)Refusal of the staying undertaking

第2条  Article 2

当ホテルは、次の場合には、宿泊の引受をお断りすることがあります。

 宿泊の申し込みがこの約款によらないものであるとき。

 満員による宿泊施設の余裕がないとき。

In the case of next, our hotel may decline undertaking of the staying.

 When an application for staying does not depend on this article.

 When it has no room for the accommodations by the No vacancy 

 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定 又は公の秩序若しくは善良な風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。

When it is admitted that the person who is going to stay might do an act against the rule of laws and ordinances or public order or good manners and customs about staying

◎薬物中毒と認められる方The one that is recognized as drug poisoning

◎刺青をされている方The one where is tattooed

(利用規則第12号該当すると思われる方を対象)

It applies in one considered to correspond to a use rule, the twelfth

 宿泊しようとする者が皮膚病、あるいは伝染病であると明らかに認められるとき。

When it is admitted that the person who is going to stay is Skin disease or an epidemic clearly

 宿泊に関し、金銭及び特別の負担を求められたとき。

When, about staying, money and a special burden were found

 天災、施設の故障やその他やむを得ない理由により宿泊させることができないとき。

When we cannot let you stay by a natural disaster, the trouble of facilities and other unavoidable reasons

 



宿泊しようとする者が、泥酔者等で、他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼすおそれがあると 認められるときWhen it is admitted that the person who is going to stay might give a nuisance to other guests in inebriates remarkably.

または宿泊者が他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす行為をしたとき。Or when a guest did an act to give a nuisance to other guests remarkably


(氏名等の告知)Notices such as full names

第3条  Article 3

当ホテルは、宿泊日に先立つ宿泊も申し込みをお引き受けした場合には期限を定めて、その宿泊予約の申込者に対して、次の事項の告知を求めることがあります。

When the staying ahead of accommodation date takes an application, our hotel establishes a time limit and, for the applicant of the room reservation, may demand the notice of the next matter

 宿泊者の住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号。

Address, full name, age, sex, occupation, phone number of the hotel guest

その他当ホテルが必要と認めた事項。

The matter which admitted that our other hotels were necessary


第4条  Article 4

当ホテルは、宿泊予約の申し込みをお引き受けした場合には、前受金の支払いを求めることがあります。

When we take the application for room reservation, we receive the front, and our hotel may demand payment

 前項の予約金は、次条の定める場合に該当するときは、同条の違約金に充当し、残額があれば返還します。

When we correspond when the next article determines it, the deposit of the foregoing paragraph allots it to the cancelation cost of the article and returns it if there is the remainder







(予約の解除)Cancellation of the reservation

第5条  Article 5

当ホテルは、カプセルベッド・[フロア貸切(日本語理解できる方が宿泊代表)]宿泊予約の申込者が、宿泊予約の全部又は一部を解除したときは、別に定める違約金申し受け規定により違約金を申し受けます。

When we the applicant of the room reservation canceled all or a part of the room reservation, our hotel charges cancelation cost by a cancelation cost remarking tray rule to determine particularly


カプセルベッド契約解除の通告を受けた日     2日前  前日   当日  不泊 

カプセルベッド基本宿泊料金に対する違約金比率   30%   50%   80%   100% 

[フロア貸切(日本語理解できる方が宿泊代表)]

フロア貸切契約解除の通告を受けた日     28日前 21日前 14日前 7日前 

フロア貸切基本宿泊料金に対する違約金比率   30%    50%    80%  100% 

Day in response to notice of the contract cancellation

Two days ago Cancellation rate 30% 

One day ago Cancellation rate 50% 

on that day Cancellation rate 80%

Non-night Cancellation rate 100%

当ホテルは、宿泊者が連絡をしないで宿泊日当日の23時になっても到着しないときは、その宿泊予約は解除されたものとみなし処理することがあります。

When a hotel guest does not inform use of our hotel, and it is at 23:00 of the day on accommodation date, consider it that the room reservation was canceled and may process it


第6条  Article 6

当ホテルは、他に定める場合を除くほか、次の場合には宿泊予約を解除することができます。

We remove a case to determine elsewhere, and, in the case of next, our hotel can remove a room reservation

 第2条に該当することとなったとき。

When we would correspond to Article no,2

 


第3条の事項の明告を求めた場合において、期限までに、それらの事項が明告されないとき。

When we demand that I clarify a matter of Article 3, by a time limit, those matters are not clarified

 

第4条の予約金の支払いを請求した場合において、期限までにその支払いがないとき。

 当ホテルは、前項の規定により宿泊予約を解除したときは、その予約についてすでに取受した予約金があれば返還します。

When we demand the payment of the deposit of Article 4 

When there is no payment by the deadline 

When I canceled a room reservation by the rule of the foregoing paragraph, we return the deposit which we already collected 

(宿泊の登録)Registration of the staying


第7条  Article 7

宿泊者は、宿泊日当日フロントにおいて次の事項を登録してください。

The hotel guest, please register the next matter on the day in the front desk on accommodation date (ネット予約客以外 Except Netuser)

 第3条の事項

 外国人にあたっては、旅券番号、日本上陸地及び上陸年月日、前泊滞在場所。

その他当ホテルが必要と認めた事項

In a foreigner, it is a stay place in passport number, Japan in land and the landing date, a pre-night.

The matter which admitted that our other hotels were necessary

出発日及び時刻 The departure date and the time

(チェックアウトタイム)Check-out time

第8条  Article 8

宿泊者の当ホテルチェックアウトタイムは午前12時とします。

 当ホテルは、お客様のご都合で前項の規定にかかわらず、チェックアウトタイムをこえて宿泊施設の使用をされる場合は、規定により追加料金を申し受けます。

Check out time is at 12 am 

If you want to stay longer than this time ,Additional charges will be incurred 

(料金の支払い)Payment of the rate


第9条  Article 9

料金の支払いは、通貨又は当ホテルが認めたクレジットカードにより、フロントにおいて支払っていただきます。

Payment of fee must be paid by cash or credit card 

宿泊者が宿泊設備の使用を開始したのち任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。

If you do not stay overnight after starting to use accommodation facilities, room charge will be charged. 

(利用規則の厳守)Strict observance of the use rule

第10条  Article 10

宿泊者は、当ホテルが定めた利用規則に従っていただきます。

The hotel guest, please obey the use rule that our hotel established

(宿泊継続の拒絶)Refusal of the staying continuation

第11条  Article 11

当ホテルは、お引き受けした宿泊期間中といえども、次の場合には、宿泊の継続をお断りすることがあります。

In the following cases, we may refuse to continue staying during staying hotel reserved 

 第2条に該当することとなったとき。

When you would correspond to Article 2

 前条の利用規定に従わないとき。

When you do not comply with the use provisions of the preceding Article 


(宿泊の責任)Responsibility of the staying

第12条  Article 12

当ホテルの宿泊に関する責任は、フロントにおいて宿泊の登録を行った時、又は宿泊施設に入った時のうちいずれか早いときに始まり、宿泊者が出発するため宿泊施設をあけた時に終わります。

Responsibility for accommodation of the hotel begins when registering the accommodation at the reception desk or when entering the accommodation, whichever comes first, and ends when the guest opens the accommodation for departure



第13条  Article 13

当ホテルは、火災又は喧嘩等により宿泊者に損害が生じたときにおいても、その損害が当ホテルの責に帰すべき理由により生じたものでないときには、責任は負いません。

The hotel shall not be held responsible even if the guests suffer damage due to fire, fighting or the like, if the damage is not caused by reasons attributable to the hotel's responsibility leave


第14条  Article 14

お客様の責任により当ホテルの設備および備品に損害が生じた場合は、実費相当の金額をご請求させていただきます。

We will claim the amount equivalent to the actual expenses if damage to the facilities and fixtures of the hotel occurs due to the customer's responsibility. 

第15条  Article 15

万一の場合に備えて、必ず非常階段の位置はご確認してください。

Please be sure to check the location of the emergency staircase in case of emergency. 

 

 

  • A three minute walk from Makishi station, Yui Rail. 
  • モノレール 牧志駅東口から徒歩3分

Hotel Information 店舗案内

MaxiALPA (Maxi☆ALPA)

マキシアルパ(マキシーアルパ))
〒902-0067
2-4-12 Asato Naha-shi Okinawa-ken
沖縄県那覇市安里2-4-12
TEL:098-917-0300
FAX:098-917-5020
MAIL: maxialpa@softac.co.jp

チェックイン:15時より深夜24時まで
(※23時30分を超える場合は事前にご連絡下さい。)
チェックアウト:お昼の12:00

Check in:15:00~24:00
(※If you exceed 23:30 please contact in advance)
Check out:12:00

Copyright (C) 【公式】MaxiALPA All Rights Reserved.